暑い夏を涼しく暮らすためには。

 

暑い夏を涼しく暮らすためには。

 

5月も後半戦、日中は夏のように暑いのに夜は肌寒いという体調管理に気を付けなければいけない気候が続いています。
現場作業をする職人さんにとっては比較的仕事がはかどる気候なのではないでしょうか。
さて、これから夏に向けて、さらに日差しがきつくなってきます。
夏の日射対策で暑い夏に備え、少しでも涼しく暮らせるようにしてみてはどうでしょうか?

 

夏の日射遮蔽については、建物の設計段階での建物の方位、窓の位置、軒、庇などの設定などが非常に大事になってきます。
昨今、冬の寒さ対策である家の高性能化については重要視するハウスメーカーや設計事務所、工務店が徐々に増えてきましたが、夏の日射遮蔽の考え方をしっかりと実践出来ている住宅というのはまだまだ非常に少ないのが現状ではないでしょうか?

 

冬場には無料の暖房器具とて活躍してくれる太陽の日射ですが、真夏には日射遮蔽がきっちりと出来ていない家は、太陽の日射によって暖房を掛けているようなものです。
もちろん高性能住宅でも例外なく日射遮蔽の悪い家は、日射遮蔽がきっちりされている家と比較すると冷房自体が効きにくかったり、冷房費用が多くかかります。
ただ、冷房は暖房と比較してエネルギーを使わないため相対的に夏の光熱費は冬の光熱費より安くなり気がつきにくくなっています。

 

適切に夏の日射日射遮蔽を行うには!

 

電動ブラインド

 

設計段階である程度対策しておくことが望ましい夏の暑さを考慮した設計ですが、立地であったりリフォームであったりで設計段階で十分な対策が出来ない場合もあります。
そういった場合は電動ブラインドであったり、アウターシェード、よしずやすだれでもかまいませんので夏の日射対策を行うことで真夏に十分な効果を発揮してくれことでしょう。

 

よしず

Processed with Snapseed.

 

軒や庇、家を建てる方位を適切に設定することで、
暑い夏には軒や庇が自然の冷房として威力を発揮し、
寒い冬には太陽の日射取得によって無料の暖房器具して快適に暮らすことが出来るのです。

 

新築工事完成見学会を開催いたします!

【完成見学会情報】

6/1(土)明石市「明石海峡大橋を臨む離れ」新築工事完成見学会を開催いたします。
詳しくは→明石市「明石海峡大橋を臨む離れ」

ともに10:00~16:00までの予約制見学会になります。
ご興味のある方は下記フォームよりご予約ください。

 

お問い合わせフォーム
http://organic-studiohyogo.jp/form/

メールでのお問い合わせ
info@organic-studiohyogo.jp

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。


エコ住宅 ブログランキングへ ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

カテゴリー: 家づくり計画|住宅性能を考える タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です