FEATURE6つの特徴

快適性・安全性・コスト

3つのベストバランスを
考えた家づくり

家をつくる一番の目的、それは、「家族が幸せに暮らす」ということです。

「家づくり」とは、単なる生活のための「器を造る」ことではなく、大切な家族が「健康で」、「快適に」、「安心して」暮らせる住まいをつくることだと考えます。

成功する家づくりとは、例えば、お気に入りのデザインの家であり、冬暖かく、夏涼しい家であり、そして地震に強い家なのです。

「本当のエコ住宅」であることにより、低エネルギーで「快適・健康」な暮らしが実現できます。
言い替えれば、「生活にかかる光熱費を抑えることができる」ということになり、上手な住み方をすることで大幅に光熱費( ランニングコスト) を抑えることができるのです。

家づくりは、人それぞれ、住宅メーカーによっても様々ですが、どんな家づくりにも予算というものがあります。
それを無駄にせず最適なバランスをもって実現させ、内容に納得し、素敵な家ができたと実感してもらえることこそ私たちの仕事だと考えます。

日本は冬になるとヒートショックによる死者が急増する国で、大変深刻な問題となっています。
ヒートショックは、居室と非居室の温度差が10℃ 以上ある場合に起こります。
4 2 ℃ のお風呂に浸かってから室温10℃ の脱衣室で着替えをする、そのような状況がもっとも危険︕
これだけでも、冬寒い家がどれだけ危険なことなのかわかっていただけると思います。
住環境のいい住宅(高気密高断熱)ほど、せきやのどの痛み、アトピー性皮膚炎などの症状が改善されることをご存知でしょうか?そんな調査結果が、近畿大の岩前篤教授( 建築熱環境学) の調査で明らかになりました。
合計2万人以上もの多くの人を対象に行った調査であることは、この調査結果の信憑性を示しています。

出来上がるのはひとつの住宅に過ぎませんが、住む人の暮らしを豊かに変えるだけでなく、我々の住む街並みや景観を少しでもより良いものに変えていく力があるものだと信じています。

CONTACT資料請求・お問い合わせ