明るい家にするための方法。

 

家は明るく自然光の行き届く空間を基本とするべきです。
どれだけ自然光を取り入れられるかは、立地敷地形状や計画プランに大きく影響されます。
しかし、厳しい条件でも色々な手法をつかって自然光を取り入れる工夫を紹介したいと思います。

 

吹抜け

 

吹抜けを利用する手法、自然光と共に寒い冬には太陽暖かい光を部屋の奥深くまで届かすことができ部屋全体を明るく暖かくしてくれるスタンダードな手法です。
延床面積は増えないのですが、吹抜け空間の分、家の大きさ(施工面積)が大きくなり、建築コストは少し高くなります。

 

天窓

 

高窓

 

トップライト(天窓)や高窓を利用する手法。
天窓などは、通常の窓の3倍の効果を採光計算上認められており非常に効果的です。

 

中庭

 

中庭などを設けて採光を採り入れる手法。
建物形状を凹型として自然光を採り入れる。
中庭を部屋の一部として感じられ、広がりのある空間に仕上がる。

 

光床

 

スリット床

 

光床(強化ガラス、FRPグレーチング)やスリット床(格子)などを利用する手法。
使用するものによって、明るさ、空気の通り、雰囲気などが変わり求めることによって仕上げを工夫することができます。

 

いろいろな手法や工夫によって厳しい敷地条件でも、明るく開放感のある心地よい空間にすることができるのです。

 

見学会情報
↓↓詳しくは↓↓

2/20(土)高砂市にて完成見学会を開催します。(予約制)|「すべての居室が南向きの家」

 

3/12(土)、3/13(日)西宮市にて完成見学会を開催します。(予約制)|「素材感と性能の両立する平屋住宅」

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。


エコ住宅 ブログランキングへ ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

カテゴリー: オガスタの建築思想 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です