住宅性能を見える化する方法

 

家の燃費を見える化する。

 

車の購入を検討する際にその車の燃費というのは非常に重要で購入する理由の一因になっているのではないでしょうか。
家の場合、燃費を表す「高気密高断熱化の程度」を表す数値としては「Q値」「C値」「Ua値」などの数値で表すことができ家の性能を検討する上でとても大切な指標となります。
ただ、家の省エネ性能というのは、「家の外皮の気密断熱性能」「日射取得、日射遮蔽の影響」「換気設備の影響」「給湯設備の影響」などが複合的に関係しています。
これらの関係を見える化することで本当委の意味での「家の燃費」を知ることができるのです。

 

建物省エネナビ

 

燃費計算ソフトを使い「家の燃費」を計算する。

 

その複雑な計算も計算ソフトを使うことで割と簡単にシュミレーションできるようになってきました。
限りある予算を有効に配分し、効果を確認することができます。
まだまだ、「家の燃費」という考え方は広くは浸透していないのが現状ですが、長く住む家だからこそその効果は大きく重要となってきます。
一生に一度の買い物と言われる家はどうしても初期費用の「家の建築費」に目が行きがちですが、建てた後の「家の燃費」についても十分に考えましょう!

 

カテゴリー: オガスタの活動|建物の仕様について タグ: , , , , , , , パーマリンク