涼しく夏を過ごす方法

連日、暑い日が続いています。
家での暑い夏を快適に過ごすためには夏の日差しを遮ることが重要です。
新築時に行う対策としては、庇をうまく設計することで対応することができます。
既存住宅の場合でも、いろいろな対応策がありますので主なものを紹介したいと思います。

 

1、植栽を利用した暑さ対策

・落葉の木を日差しを遮るように配置する方法。冬には葉が落ち日差しを遮り、夏には葉が茂るので日差しを遮ることができます。
・ゴーヤなどに代表される緑のカーテンを窓前に設置する。日差しを遮りながらおいしく食べられるという2重においしい方法です。
・犬走りなどの部分を照り返し防止として芝生などを植える方法も効果的です。

 

2、すだれ・よしずなどを設置する方法

・昔から使われている「すだれ」や「よしず」を設置して日差しを遮る方法はとても効果的です。
日光を遮り、熱は通さず涼しい風を通してくれるすだれ・よしずは暑い夏に絶大な効果を発揮します。

 

すだれ・よしずの進化版として最近よく採用しているのがアウターシェードという商品があります。

 

アウターシェード

 

アウターシェード

参考:YKKapより

すだれの欠点である室内が暗くなるいうところが改善された商品です。
すだれが似合わない洋風な住宅にもあうようにデザインされています。
家々にあった夏の対策で暑い夏を涼しく快適に過ごしましょう。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。


エコ住宅 ブログランキングへ ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

カテゴリー: 家づくり計画|住宅性能を考える, 快適に生活するための工夫 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。