マンションが暖かいと言われる理由

 

マンションに住まれている方が、「一戸建ての実家に寒くて泊まりたくない。」という話を聞くことがあります。
確かに、気密断熱がしっかりとされていない木造住宅はかなり寒く、暖房エネルギーをかなり使って暖めるか?命を危険にさらしながら我慢するか?といったことになります。
仕上げや外観が同じでも、その内部の気密性、断熱性をきっちりと確保されていない家は「冬寒い家」になります。

 

さて、マンションはどうして暖かく感じることができるのでしょうか?
大きな理由としては、
・鉄筋コンクリート造であるため、特殊な気密工事を必要とせずに気密性が確保されている。
・上下階、左右が住戸となっているため外気に面する部分が少なく、コンクリートには、蓄熱される効果もあるため熱を保ちやすい。
・ベランダを南面するように計画されていることが多く、中層階以上になると周囲の建物の影響を受けず日射取得を得やすい。

 

マンションが暖かい理由

 

上記のような条件にあてはまる物件については、快適に暖かく過ごすことができます。
ただ、気密性が良いということは熱伝導率のよいガラス面、コンクリートなどに結露を呼び込む要因になります。
その点に関しては、外気に面する壁と開口部を断熱補強することにより解消することができるでしょう。

 

また、上記のような条件に当てはまらない物件の場合、マンションと言えど「冬寒い家」であったり「夏暑い家」になったりします。
例えば、上下階、左右に部屋がない場合、外気の影響を受けやすくなります。
マンションだから暖かいという訳ではなく暖かいことには、理由があるのです。

 

戸建てでも同じで、寒い家には寒くなる理由があり、暖かい家には、暖かくする工法や工夫があります。
完成の時の仕上げを見るだけだはわからない部分であり、住みだしてからの快適性や光熱費などのコストに大きく影響する部分でもあります。
長い間住む家だからこそ、「暖かさ」や「快適性」を重視しましょう!

 

見学会情報
↓↓詳しくは↓↓

3/12(土)、3/13(日)西宮市にて完成見学会を開催します。(予約制)|「素材感と性能の両立する平屋住宅」

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。


エコ住宅 ブログランキングへ ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

カテゴリー: 家づくり計画|住宅性能を考える タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です