大切な木製手摺、ウッドデッキのメンテナンス

 

5年点検にて

 

先日、5年点検に伺った際に木製手摺のメンテナンスを実施されていましたのでご紹介させていただきます。
木部を外部に使うと家の雰囲気がかなり良くなりますのでたびたびウッドデッキや木製手摺、木塀などを提案させていただくことがあります。
木の風合いを楽しめるようなウッドロングエコやエコウッドトリートメントなどを使用した場合や焼き板仕上げなどは基本的にメンテンナンスフリーですが木材の経年変化で古材のような感じになっていきます。
また、耐久性の強いアイアンウッド系の木材を使用した場合でも無塗装でも約10年は朽ちることがないと言われています。
しかし、その他の場合は着色で木材を防腐処理しますので定期的に再塗装しメンテナンスしていく必要があります。

 

この木部の保護塗装も通常表面に塗膜をはって木材を保護するペンキのようなものよりも木材に浸透させながら保護するものに別けることが出来ます。
基本的には木部仕上がりの風合いとメンテナンス性の良い浸透性ものをお勧めしています。

 

木部再塗装塗装

 

今回はDIYで塗り替え挑戦されるということで頑張っていただきました。
やはりベランダ手摺は作業性が悪くかなり苦労されていましたが一通り終えることができたうようで一安心です。

 

木部再塗装

 

木部の定期的なメンテナンスを怠ると最悪な場合、早期での張替えといった大事になることもあります。
自分たちで出来るところは頑張ってもらって、無理な場合は我々にご依頼いただくこともひとつの選択肢ですので早めの対応でご検討いただければと思います。

 

カテゴリー: 家づくり計画|住宅メンテナンス・お手入れ方法 タグ: , , , , , , パーマリンク