ハニカム構造ブラインドの断熱効果とは、

 

断熱効果の高いハニカム構造ブラインド

 

12月に入り例年通り毎日がバタバタと気忙しくなってきました。
今日は、先日明石市で竣工したラウリマ英会話教室のハニカム構造スクリーンの取付に伺いました。
ハニカム構造スクリーンとは、その構造がハチの巣状になっており窓廻りにつけると大きな断熱補強効果のある部材です。

 

各国内メーカーもハニカム商材を多く出していますが、
まだまだ価格が高いこともあり、我々は輸入品のハニカム構造ブラインドを使っています。
そんなに壊れるものではないということと、消耗品ということで少しでも安く提供できるようにしていいます。
大体、オーダーカーテンと変わらないぐらいの価格で考えてもらえれば良いので、簡単に窓廻りを断熱補強できるとあって最近さらに注目度の上がっている商品です。

 

ハニカム構造ブラインド

 

寒い冬対策となる窓廻りの断熱補強工事。

 

家の熱損失

 

上図を見ていただけると家の中でも窓からの熱損失が非常に大きなものがあるということをわかっていただけると思います。
この部分をどの様に断熱補強していくかということが大事で効果の高い冬の寒さ対策になるのです。
以前、ハニカム構造ブラインドはコスパがよく、インテリアとしても優れた商品ではあるのですが、その高い断熱性能がための弱点も少なからずあるのです。
以前のブログで紹介していましたのでそちらをどうぞ↓
「真冬の断熱ブラインドの弱点とは、」

 

予算や現況の仕様によって補強方法を考える。

 

上手く使えば、単板ガラスの窓も樹脂複層ガラス程度まで断熱補強されてしまう優れものです。
デメリットを考えた上で、メリットが大きいと感じた場合は採用をお勧めします。

 

インテリア性も高いハニカム構造ブラインド

 

また、インテリアとしてもカーテン代わりに設置することができます。
カーテンの買い替えを検討させる場合は、ハニカム構造ブランドなどを比較検討してみても良いのかもしれません。
和紙調のもので柔らかく外部の光を採り込んでくれるので室内のインテリアとしても良いのではないでしょうか?

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。


エコ住宅 ブログランキングへ ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

カテゴリー: 建築材料|高性能建材、太陽光発電 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です