窓からの寒さをシャットアウト!ハニカム構造の断熱ブラインドをお勧めする理由


ハニカム構造の断熱ブラインドで寒さをシャットアウト!


 

夏涼しく、冬に寒い伝統的な日本の木造住宅の造り、
「窓近くに座るとカーテンの間から冷気を感じる!」
その時、室内ではコールドドラフト現象が起こっています。
コールドドラフトとは暖房で暖められた室内の空気が、外気でキンキンに冷やされた窓ガラスで冷やされて床面に下降する現象です。
昔ながらの木造住宅に住まれている方は、一度や二度程度でないぐらい経験されたことがあるのではないでしょうか?
その寒い窓廻りをお手軽に断熱補強できるハニカム構造の断熱ブラインドをご存知でしょうか?

 


1、「もう寒くない!」窓廻りを断熱補強する3つの方法


 

家の熱損失

 

上図は家の燃費を計算ソフトで計算したものです。
家々の規模、間取り、断熱仕様によってその家の熱損失を計算できるて家の燃費を可視化できるとても有難いソフトです。
家によって熱損失は違いますが、熱が逃げている箇所は同じで「窓」「外壁、基礎」がその大部分を占めています。
面積の割合で考えると「外壁、基礎」よりもはるかに小さい「窓」だと考えると窓回りを断熱補強することは冬暖かい家にするためにはとても大切なのです。

 

家の温熱環境で考えると弱点となる窓廻り、
この窓廻りを上手に断熱補強することができれば、家の寒さであったり冷えというのは劇的に改善することができます。

 

1-1、窓自体を性能の高いものに交換する方法。

最近では、樹脂窓であったり、木製窓など
素材自体で熱が伝わりにくい窓が多く出てきています。
一番スッキリと改修できる方法ですが、
窓は雨仕舞いのために外壁に埋まっているものです。
外壁補修であったり、内装改修する必要も出てきますので一番コストのかかる断熱補強方法です。

 

1-2、窓の外側で冷気が伝わりにくいように改修する。

断熱性の低い窓は熱の伝わりやすいアルミやガラスでつくられています。
外気の冷気が伝わりにくくするために、
雨戸やシャッターをつけて窓との間を風除室のようにする方法です。
熱の伝わりやすい窓から暖房された室内の熱は逃し続けますので効果としてはあまり高くない方法です。

 

1-3、窓の内側で断熱補強をする。

今回紹介するハニカム構造の断熱ブラインドであったりインナーサッシを取り付ける方法です。
窓と室内で暖められた空気が、直接接しなくなりますので効果としてはバツグンです。
インナーサッシは、非常に効果の高い方法ですが、よりお手軽にいうと断熱ブラインドに軍配があがります。

 

今回は、お手軽に窓からの寒さをシャットダウンできるハニカム構造の断熱ブラインドについて解説します。

 


2、断熱効果の高いハニカム構造の断熱ブラインドとは


 

ハニカム構造とは、その構造がハチの巣状になっていることです。
中間に空気層を設けることで高い断熱性を発揮して窓から出入りする熱を軽減してくれます。

 

ハニカム構造ブラインド

 

2-1、ハニカム構造ブラインドの種類は?

 

ハニカム

空気層種類

「空気層タイプ」
断熱性能によって各メーカー何パターンかの種類があります。
窓形状や枠形状、今ついている窓の性能などで使分けるといいでしょう。

あとは「操作タイプ」「生地」などから幅広く選択することが出来ます。

 

2-2、ハニカム構造ブラインドのコストは?

 

国内各メーカーもハニカム商材を多く出しています。
「タチカワブラインド」
「ニチベイ」
「TOSO」など
まだまだ価格が高くオーダーカーテンなどと比較すると1.5倍程度となるイメージです。

 

我々は普段、輸入品のハニカム構造ブラインドを使っています。
数年で交換が必要な消耗品の位置づけで代理店契約を結んでいてお手軽に提供できるようにしていいます。
価格としては大体、オーダーカーテンと変わらないぐらいの価格となります。

 

2-3、ハニカム構造ブラインドの納期、工事期間は?

 

基本的にはオーダーメイドでつくられるため国内生産品で7日~14日。
海外製品で14日~21日程度はかかります。
取付については通常のカーテンとかわりませんので、手先が器用な方ならDIYで取付も可能です。
業者さんに取付をお願いしても家全部だとしても半日程度で取付が終わりますのでお手軽です。

 


3、ハニカム構造の断熱ブラインドがお勧めできる理由。


 

3-1、ハニカム構造ブラインドの高い断熱性能

 

 

ハニカム性能
(参考)「PVソーラーハウス協会HP」より

 

非常に高い断熱性能をもつハニカム構造ブラインド、
上図では上手く使えば、単板ガラスの窓も樹脂複層ガラス程度まで断熱補強されてしまう優れものです。

 

3-2、お手軽にプチリフォーム出来るハニカム構造ブラインド

 

ハニカム断熱ブラインド

 

また、通常のブラインドと変わりませんので簡単な工具で取付が可能です。
インナーサッシのように窓が2重になり開け閉めがわずらわしくなることもありませんし、
カーテン代わりに断熱出来るというとのは、最大のメリットですね。

 

3-3、カーテンみたいにゴチャゴチャしない!高いインテリア性のハニカム構造ブラインド

 

ハニカム構造ブラインド

 

ブラインドですのでカーテンのように窓の両サイドに溜りが出来ません。
シンプルなデザインで家のインテリアの邪魔になることもありません。
採光タイプで選ぶと日中でも外の光を採り込んで明るく暮らせます。

 


まとめ


 

夏涼しく、冬暖かく暮らすために、家の中で最大の弱点となる窓の断熱補強は必須です。
いろいろな方法がある中で自分たちの「要望」「性能」「予算」にあった方法を選択することが大切です。
その中でも比較的簡単に寒さをシャットダウン出来る「ハニカム構造ブラインド」の断熱効果は注目です。
窓からの寒さにお悩みの方は、新築の際はもちろん、お手軽に出来るプチリフォームとしてもご検討してみてはどうでしょうか?

 

【参考】「真冬の断熱ブラインドの弱点とは、」
【参考】「冬の寒さ対策|インナーサッシと断熱ブラインドの違い!」

 

【完成見学会情報】
詳しくは下記リンクよりご予約ください。
↓↓↓
2/24(祝)10:00~16:00 明石市大久保町「バタフライ型ルーフの家」完成見学会(予約制)
2/29(土)10:00~16:00 たつの市「平屋のコートハウス」完成見学会(予約制)

 

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。


エコ住宅 ブログランキングへ ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

カテゴリー: 建築材料|高性能建材、太陽光発電 タグ: , , , , , , , パーマリンク