モルタル下地外壁の素材感

 

オーガニックスタジオ兵庫では、外壁の下地にモルタルをよく使うことがあります。
実際、最近ではサイディング壁で仕上げられる住宅も増え、モルタル塗りで外壁を仕上げている現場を探すほうが難しくなってきました。

 

大きな理由としては、モルタル下地のコストの高かさや、職人の減少、割れの心配などより敬遠されサイディング下地となることが多いようです。
また、サイディングについても近年目覚ましくその性能が向上しており、耐久性はもちろんデザイン性の高い商品などもチラホラと見かけるようになってきてました。
弱点である板と板のジョイントなどに施工されるコーキング処理の箇所を極力なくしたものなど商品開発に工夫を感じます。

 

モルタル下地

 

モルタル下地の工法についても、昔ながらの伝統の工法と思われがちですが、こちらも近年デメリットである割れを軽減する工法などが確立されつつありますし、サイディングにはない塗り壁という重厚感、素材感は何事にも代えがたい魅力がある仕上です。
日本伝統の技術である左官技術。
適材適所で使いながらその良さを活かし、使っていければと考えています。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。


エコ住宅 ブログランキングへ ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

カテゴリー: 建築材料|自然素材 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です