ウッドデッキのある暮らし。

 

憧れのウッドデッキのある暮らし。

 

住宅において内と外を繋げてくれるウッドデッキ。
室内からは外部空間を室内にとり込み、室内をより広く感じさせることができ、
物干し場などを兼ねる場合には、その動線を短く使い勝手よくすることができます。

 

外部からは縁側として、
子供の遊び場として、
庭でバーベキューを楽しんだりと
住まいでの暮らしをさらに豊かなものへと変えてくれます。
やはり、新築を検討される方々のなかでも要望が多い部分でもあります。

 

ウッドデッキ

 

材料選びも大事なウッドデッキ

 

ウッドデッキというだけあって木製でつくることが多いのですが、材料選びでメンテナンス回数や耐久性が変わってきます。
お勧めは高耐久のアイアンウッドを使ったウッドデッキで、その名のとおり「鉄の木」と言われるほど堅く水に強い木になります。
無変色しますが塗装でも、約10年ほどはメンテナンスフリーでよいというほどの木になりますので、適切に手入れていくことでさらにその寿命を延ばすことも可能です。
もちろん、他の木と比較すると初期の工事費はかかりますが、長期間のメンテナンス費用、張替費用を考えるとお得な商品と言えます。

 

住まい手の生活を豊かにしてくれるウッドデッキですが、同時に住まい手が大事に再塗装などのメンテナンスをしながら耐久性を保全していくことが大事。
木である以上、雨や経年の影響で痛みは徐々にやってきます。
自分たちの住まいを彩る大事なアイテムとして愛着をもって大事に扱っていきましょう!

 

↓↓↓完成見学会情報↓↓↓
7月31日(日)神戸市垂水区にて完成見学会を開催します。(予約制)

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。


エコ住宅 ブログランキングへ ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

カテゴリー: 建築材料|自然素材 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です