太陽の力で寒い冬を暖かく過ごす工夫とは。

 

冬らしい寒い日が続いています。
猫のように縁側で日向ぼっこといったように太陽の暖かさがありがたい季節になってきました。

 

冬の太陽は、無料で室内を暖めてくれる非常にありがたい暖房器具です。
大きなテラス窓などで十分に日射取得をとることができれば、そこで600W程度の電気ストーブをつけているのと同じぐらいの効果を得ることができます。
 多くの熱を室内に採り入れてくれる窓は、逆に日の落ちた夕方以降は多くの熱を逃がします。
高性能なサッシと言えども壁の部分と比較すると室内の熱を逃がし、外部の冷気の影響を受ける箇所にもなるのです。

 

大きな窓

 

太陽の暖かさや光による明るさなどを感じながら、心地よく生活し、
日が落ちると共に、窓の部分を閉じ内部の暖まった熱を逃がさないそのような家は、省エネであり、快適であり、心地よい家なのだと思います。

 

開口部との付き合い方次第で、省エネにもなり、増エネにもなってしまうということです!

 

見学会情報
↓↓詳しくは↓↓

2/20(土)高砂市にて完成見学会を開催します。(予約制)|「すべての居室が南向きの家」

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。


エコ住宅 ブログランキングへ ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

カテゴリー: 快適に生活するための工夫 タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です