家の仕様を総点検!!

 

何事に対しても言えることですが、向上させていくためには、現状を把握して再点検し改善点を見い出してく必要があります!

 

我々の重視する「家づくり」の3つの性能、「耐震性、耐久性」、「家の温熱性能」、「デザイン性」といった仕様というのは、家の根本です。
また、建築資材というものは、日進月歩で新商材の開発がなされており、その中で自分たちの建築思想に見合ったものを総合的に判断し仕様を選定、試行錯誤を繰り返していくことによってより良い家づくりに繋がるのだと思います。
日々、必要に応じて各工種ごとにマイナーチェンジを繰り返している仕様を、今回はすべての工種について再度総点検し「素材」、「コスト、作業性」、「メンテナンス性」などについて現行にあわせて評価し直すというなかなか骨の折れる作業を実施中です。

常に進化しつづける工務店となるために、とても重要で大変な作業ですが、この機会にオガスタ一同と協力業者さんたちのご協力の基に進めます!

 

最高性能の断熱材「フェノバボード」

 

先日、仕様選定の一環で断熱メーカーの積水化学工業の担当者の方に来ていただいて、現行では最高の断熱性能をもつ「フェノバボード」について再度説明を受けました。
高性能の断熱材というの今回の「フェノバボード」、「アキレスボード」、「ネオマフォーム」の3種類が代表的ですす。
性能が良いということは、厚みが薄くても高い断熱性を確保できるということで、「デザイン性」などで自由度が増すことに繋がり抑えておきたい商材です。

 

フェノバボード

 

積水の担当者さんには、いくつかの宿題を持ち帰ってもらいました。
首を長くして良い返事を待ちたいと思います!

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。


エコ住宅 ブログランキングへ ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

カテゴリー: 家づくり計画|住宅性能を考える タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です