STAFF BLOGスタッフブログ

2020.12.08 日常

汚れの性質を知って楽にお掃除♪

こんにちは。

年末の大掃除の季節になりましたね。

お天気の良い週末が続いているので

少しずつ始めたいな~と思われている方も

いらっしゃるのではないでしょうか??

 

お掃除するとき、一番嫌な場所ってどこですか??

キッチンの油汚れ

お風呂の水垢やカビ

が代表的かなと思います。

 

この汚れ、何性でできているかご存知ですか??

油汚れ・・・・酸性

水垢・・・・アルカリ性

 

お掃除するときは、この性質と逆の洗剤を使うと

よく汚れが落ちます。

食器洗剤などの中性洗剤はこの真ん中なので

いろんな汚れに対応しますが、効果も中ぐらいということです。

 

油汚れに効くもの

アルカリ性の洗剤(お湯や水に溶かすとぬるっとします)

最近ネットやSNSで広まったオキシクリーンもこれです。

重曹やセスキ水もアルカリ性洗剤です。

ただし、木製のものやアルミは変色してしまう可能性があります。

水洗いできないものや柔らかい素材のものは使用を避けたほうが

いいかもしれません。

 

キッチン周りの油汚れ、お風呂の皮脂汚れ

洗濯槽の掃除にも適しています。

 

水垢汚れに効くもの

酸性洗剤(塩素系のものとは混ぜない!!)

クエン酸やハイター、トイレのサンポールなど

水垢とニオイ消しに適しています。

浴室の石鹸カス、台所の水垢や魚の生臭さ

などに適しています。

 

 

中性洗剤はいつ使う??

汚れの原因がよく分からないものや

素材をあまり傷めたくないときに使用します。

ホコリがたくさん溜まっているところに

中性洗剤を薄めて布にしみこませて拭くと

きれいになります。

ウタマロ石鹸や食器用洗剤が有名ですね。

 

 

トイレ掃除もいつもしている部分はきれいに見えても

小さなパッキンや地面と便器の隙間の汚れなど

細かいところに入り込んだ汚れが放置されて

嫌なニオイを発してしまうことがあります。

また、トイレについている「脱臭フィルター」

お掃除されていますか??

ホコリがたまってしまうと効果がなくなるので

この機会にお掃除してくださいね。

 

パナソニックさんのお手入れ方法↓

https://sumai.panasonic.jp/support/care/toilet/01/

 

 

 

一覧へ戻る

CONTACT資料請求・お問い合わせ