家の最適な購入時期は人によって違うことをご存知じすか?

 

住宅購入という一生に一度の買い物と言われるほど大支出です。
しかし、自分自身で支出時期をコントーロールできるものでもあり、最適な購入時期によって損する人、得する人が存在してしまいます。

 

まず、最も大きなところで「住宅ローン」の金利の影響です。
バブル崩壊以降、安定して低金利が維持されてきましたが、銀行さん独自の優遇金利というのは、その時期や金融機関によって常に変動しています。

 

素材感

 

銀行などに行くと、「今なら店頭金利より1.0パーセント金利優遇」などとチラシが貼り出されているのを見たことないでしょうか?
優遇金利とは、実際の店頭金利より優良顧客向けに優遇されるもので金融機関、時期、ローン商品などによっても優遇金利は変わってきます。
選び方によっては、総支払いで数百万円の差となることもあり、ちょっとした車が買えてしまえるぐらいの差になってしまいます。

 

次に、国としては国策として持ち家を一貫して推奨しています。
家を持ちやすいような、セーフティネットや補助金制度を数多く設けています。
「住宅ローン減税」、「地域グリーン化事業」、「ZEH」、「団信」など知っておかなければ損となる情報も多く、上手に利用することでこれも大きなメリットの話です。
専門的な内容ですので、計画されている建築会社にメリット、デメリットを聞いてみることをお勧めします。

 

また、もちろん人それぞれ家庭環境によっても最適な購入時期というのは変わってきます。
新たに家づくりをする目的がブレないように関係者でよくよく話し合い建築時期を決めることが最も重要、自分にとっての最適な住宅購入時期を考えてみましょう。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。


エコ住宅 ブログランキングへ ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

カテゴリー: オガスタの建築思想, 家づくり計画|住宅ローン・火災保険など タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です