明石市|「海を臨むマンションリノベーション」施工事例公開

 

明石市|「海を臨むマンションリノベーション」施工事例を公開しました。

 

そのタイトル通り明石海峡大橋の見下ろすことのできる絶好の眺望が見どころのN様邸。
山を背にする斜面地に段々畑のような構造が特徴的です。
最上階、角部屋という温熱環境的には厳しい条件。
今回は、間取りを大きく改修しています。
元々ボックス型のキッチンで使いにくかったものを、オープン式にし再配置しています。
水廻りについても使い勝手を考えて再配置し改修しています。
限られた制約の多いマンション空間ですが使い勝手のよいオンリーワンな住空間として改修されました。

 

海を臨むマンションリノベーション
施工事例:明石市|「海を臨むマンションリノベーション」リンク

 

「ただ古くなったものを新しくする改修」と「付加価値のある改修」の違い。

 

リフォームをする理由のもっとも大きなものは、現状の住宅設備や内装などが使い古されたものになり不満を感じたことからという理由ではないでしょうか?
日々の暮らしの中で、心機一転リフォームを検討されている方も少なくないと思います。
ただ、そのリフォームは「ただ古くなったものを新しくする改修」になります。

 

リフォームは既存の間取りや構造を活かしながら計画するのが基本、
既存の状況によっては、新築以上に費用のかかるケースもあります。
また、新しく綺麗にするために、古い部分を解体したり、下地を直したりと建築コストのアップにつながることも多々あります。
思いのほか費用がかかるからこそ、「ただ古くなったものを新しくする改修」になりがちなのです。

 

本当に必要なのは自分たちの暮らしをさらに豊かにしてくれる「付加価値のある改修」

 

多くの方は古い設備や内装が不満だと感じていますが、
より深く考えてみると、家事動線であったり家の寒さであったりが大きな不満だと再確認することが出来ると思います。
もちろん、仕上がりで違いのわかるものではなく、
既存の構造ありきで、すべてが思い通りになるなるものではありませんが、
そういった不満を解消できるような「付加価値のある改修」を建築のプロの視点で提案できるようしなければいけません。

 

さて、週末はひさびさの完成見学会です。
たくさんのご予約をいただいています。
どの時間も予約が埋まりつつといった感じですが、
午後3時以降の時間でしたら若干空きがありますのでご参考にしていただければ幸いです。

 

↓↓完成見学会情報↓↓

4/2(日) 完成見学会情報|兵庫県明石市「明るく暖かい吹抜けのある家」

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。


エコ住宅 ブログランキングへ ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

カテゴリー: オガスタの活動|竣工物件紹介 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です