現場実況報告(2月)

 

垂水区「高性能な庫裏」新築工事

 

昨日は、現在垂水で進行中の新築工事の配筋検査に行ってきました。
検査員さんと鉄筋の配筋などを一通り見ていると雪がチラつきはじめ、
間のなく猛吹雪となり一時中断する羽目に陥りましたが、30分ほどで雪もやみ無事検査をすることができました。

 

配筋検査

 

「高性能な庫裏」という物件タイトル通り、寺院の庫裏(くり)の建替え工事になります。
庫裏(くり)とは、簡単に言うと住職さんなどが生活する場所のことをいいます。
通常、寺院というと昔ながらの日本の伝統建築であることがほとんどで、今の時期などとにかく寒いものです。
苦行を耐えてということもあるかもしれませんが、過度の寒さは気合だけで乗り切れるものではなくその命さえ危険にするものです。

 

過度に暖房を使わずとも暖かく暮らすことのできる高気密高断熱仕様の庫裏として新築されます。
3月の上棟に向けて安全第一で現場を進行していきたいと思います。

 

明石市「中庭を囲む家」新築工事

 

もう一つ1月から進行中の現場が明石市で進行中の「中庭を囲む家」です。
オーガニックスタジオ兵庫は兵庫県の南部の地域で幅広く住宅の新築工事、リフォーム工事などを手掛けていますが、昨年より事務所近くの明石市の現場が急増しており非常に有り難いことです。
「中庭を囲む家」ということで贅沢なコートハウス様式となっています。
コートハウスとは、中庭を囲むように建てる建築様式を言い、
プライベートな中庭を持つことができ、家全体を明るさの届く家にできることが最大のメリットです。
デメリットとしては、外壁の面積が通常より大きくなったり、窓の数が増えたりとコストがかかるということと、
外部に接する面が多い関係で気密・断熱性能をしっかりしておかないと寒い家になってしまいます。

 

我々の持つ高気密高断熱の施工技術で明るく、暖かい高性能なコートハウスを実現したいと思います。
この物件も3月上棟予定で進行しています。

 

2月逃げるとよく言ったもので、
2月も11日で1/3以上過ぎてしまいました。
気合を入れて行きたいと思います!

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。


エコ住宅 ブログランキングへ ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

カテゴリー: オガスタの現場実況報告 タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です