寒い時期の給湯器故障は堪りません。

どうやら、自宅のガス給湯器が故障したようです。

先日より、自宅の給湯器が、お湯の温度がうまくいかないと思っていたら、
案の定、故障のようで「ぬるま湯」しかでない状態になってしまいました。

ガス給湯器

早急にガス設備業者さんに見ていただいたのですが、
なんとか、追い炊き機能は、まだ使えそうという判断で、
代替え機種が到着するまで、銭湯通いは免れそうです…。

蛇口をひねればお湯がでてくるのがあたりまえになっているだけに、
いざ壊れれば、すぐに交換が必要になるのが給湯器です。

家庭用ガス給湯器の耐用年数は、
使用頻度にもよりますがだいたい10~15年程度でしょうか…。

寒い冬場に急に故障してしまい、
冷たい水で食器洗いをしなくてはならなくなってしまった…。
外から帰ってきて温かいお風呂に入りたいのに入れない…。

「給湯器を早くなんとかして!」という声を、
工務店という仕事柄毎年のように聞いてきました。

調べてもらうと計ったように、
取付から13年目ということでなんとも参りました。

今まで人類は、科学の発達によりいろいろなものを、作れるようになって
多くの機械設備な囲まれながら、便利な生活を送っています。

しかし、機械に故障は付き物です。

重ねて、
「故障して不便な生活を強いられる前に、計画的に交換しましょう!」

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。


エコ住宅 ブログランキングへ ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

カテゴリー: 家づくり計画|住宅メンテナンス・お手入れ方法 タグ: , , , パーマリンク

コメントは停止中です。