注文住宅と建売住宅の違いを知ろう!

 

注文住宅と建売住宅の違いとは。

 

一戸建て住宅は、「注文住宅」と「建売住宅」に分けることができます。
「注文住宅」は、持っている土地もしくは建築条件なし(施工会社の指定なし)の土地を買ってから住宅を建築することを言います。
対して「建売住宅」とは土地付きの既に完成した建物もしくは完成予定の建物を買うことを言います。
もちろん、設計の自由度やこだわりの家を建てようとすると前者の「注文住宅」となり、土地の立地や価格を優先すると「建売住宅」が選択肢となるのではないでしょうか。

 

竣工写真

 

注文住宅と建売住宅のメリット、デメリット。

 

【注文住宅のメリットデメリット】

  1. 自分達の思いや、こだわりを家づくりに反映することができる。細かい部分まで実際に設計を積み上げていくことによってオーダーメイドの家づくりが可能になる。
  2. 土地購入→プラン→詳細設計→実施工事と完成まで時間と努力が必要。
  3. 住宅ローンなどで土地から借入を行う場合など、完成まで時間がかかるため「つなぎ融資」など費用がかかってくる。
  4. 人気の地域などは土地探しに大変苦労する。
  5. 家づくりを進行の過程を確認でき、家づくりを楽しむことがきる。

【建売住宅のメリットデメリット】

  1. 完成品もしくは内容の確定しているものを購入するので、多くの住宅購入者のニーズにあうように設計されているもであって自分たちにあったものになっているのか?よく考えた上で購入するべきものである。
  2. 完成品もしくは完成予定日が確定しているものを購入するので、完成まで時間がかからない。
  3. 住宅ローンでは土地+建物の一括購入なので「つなぎ融資」の費用がかからない。
  4. 人気の立地条件のよい場所で分譲されることが多い。
  5. 家づくりを進行の過程を確認できないが、完成状態を確認してから購入することもできる。
  6. 販売価格を市場にあわせて設定するため、立地条件重視となってしまい建物としてはローコスト仕様となっていることが多い。

 

兵庫県の南部地方は建売住宅パラダイス。

 

我々の住む兵庫県の南側の地域は、
沿線や地域によって人気の土地が明確に決まっており、
特に神戸周辺や神戸から東地域など土地の空きも少なく僅かな空き土地を数多くのライバルたちと争うことになります。
そういった事情もあって立地の良い場所というのは建売業者もしくは不動産業者が大規模な開発をかけて分譲を行い建売住宅を量産して売ってしまう建売業者が育ちやすい土地柄があるのではないでしょうか?
個人的には、景観を面白みのないものにしてしまうローコスト量産住宅には断固反対なのですが、立地条件や土地価格を考えた場合、そのような建物が量産されてしまうことは致し方ない面もあります。

 

住宅に何を求め、何を目指すかを考えよう!

 

家づくり、購入を考える際に、
まず、土地探しであったり、建築してもらう工務店探しから始められる方がいます。
それは、大きな間違い!!

まずは住宅に何を求め、何を目指すか?家を建てなければいけない理由を住まい手となる家族間での意思統一を行うことが大切。
そして、家づくりにかける予算を、先々までのライフプランを検討した上で決めましょう!
土地探しや、工務店探しは、その次に行うことなのです。

 

家づくりを成功させる秘訣!

 

家を建てなければいけない理由というのは、
家のデザインであったり、
性能、
立地条件、
家族構成の変化などなど。
まずは、なぜ新しい住まいが必要になったのかを考えるところから始めてはどうでしょうか。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。


エコ住宅 ブログランキングへ ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

カテゴリー: 住宅業界のあれやこれや, 家づくり計画|土地選び タグ: , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です