珪藻土クロスのメンテナンス方法。

 

珪藻土クロスという材料を聞いたことがありますか?
現在、よく使っている自然素材系の壁紙で、その名の通り、珪藻土を壁紙下地の上に吹き付けたものです。
それを壁や天井の仕上材として使っています。

 

実際の珪藻土を吹き付けたものですので、湿度調整の効果もある優れた建材である反面、
自然素材系のものとなりますので、ジョイントが目立ちやすかったりと施工には技術が必要になります。

 

メンテナンスでも、ビニールクロスのように絞った雑巾でふき取ってしまうと珪藻の部分に水分を含んでしまって逆に汚れてしまいます。
珪藻土は多孔性で汚れた水などで拭き取ると、その汚れた水を吸い取ってしまって逆に汚れがついてしまうことになります。
汚してしまった時には、市販の消しゴムを使ってメンテナンスします。

 

珪藻土メンテナンス

 

鉛筆で書いた字を消すように、珪藻土についた汚れを消しゴムで絡めとります。
これが、びっくりするぐらい綺麗に汚れを落としてくれます!
質感の良い自然素材系の壁紙を上手にメンテナンスしていきましょう。

 

見学会情報
↓↓詳しくは↓↓

2/20(土)高砂市にて完成見学会を開催します。(予約制)|「すべての居室が南向きの家」

 

3/12(土)、3/13(日)西宮市にて完成見学会を開催します。(予約制)|「素材感と性能の両立する平屋住宅」

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。


エコ住宅 ブログランキングへ ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

カテゴリー: 家づくり計画|住宅メンテナンス・お手入れ方法, 建築材料|自然素材 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です