注目を集める宅配BOX

 

便利になった宅配便。

 

便利になったもので、インターネット、流通の発達で数年前では想像できなかったような、その日注文したものが当日に届くという驚くほどのスピードで配達がされてくるのが一般的になってきてます。
そんな中、流通会社大手のヤマト運輸から27年ぶりの値上げが発表されました。
再配達などにかかる手間が現場で働く配達員さんを苦しめているようです。

 

私自身も「何時までだったら居るので再配達お願いします。」と、
言ったことある口なので便利になった分配達する配達員さんたちにシワ寄せがやってきているのだなと、実感させられるニュースでした。

 

注目される宅配BOX。

 

現在、進行中の戸建て住宅で宅配BOXの設置が計画されている物件があります。
集合住宅では、すでに広く認知され不在時の強い味方となってくれる宅配BOXです。
ただ、戸建て住宅においては、設置率が1%程度とほとんど設置されることはありませんでした。
今回のヤマト運輸の決定がにわかに宅配BOX業界を賑わしているようです。
これを機にライナップが増え、導入しやすい価格帯まで下がれば、プラン段階から設置ありきで考えておかなければいけない大きな変化になるのかもしれません。

 

省エネ住宅

 

 

戸建住宅における宅配BOXのデメリット。

 

集合住宅の場合、規模にもよりますが大小に対応した宅配BOXが設置されています。
戸建住宅の場合はそういった訳にはいかず、設置場所も必要なためある現在は程度の大きさのものが主流のライナップになっており、大きな荷物には不対応になっています。
また、いくつもの荷物が届いた場合入らないことも考えられます。
戸建住宅自体での普及率が非常に低いものであるため、運送会社さんがその存在を認識してくれないこともあるようです。
折角、費用をかけて取り付けた設備ですが存在自他が認識されず、活用されないのは悲しいことです。

 

世情にあわせて可変的に家を考える。

 

現在は運送会社さんの努力で便利な宅配を活用させてもらっています。
しかし、今回の件で再配達有料化ということになれば、近い将来「宅配BOX」が家に無くてはならない設備になってくるのかもしれません。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。


エコ住宅 ブログランキングへ ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

カテゴリー: 建築材料|インテリア・その他 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です