なぜ、日本の木造住宅は寒くて当たり前なのか?

 

日本の木造住宅の特徴。

 

その昔、日本の木造住宅のから夏にいかに涼しく暮らすかをメインに計画されていました。
軒を深くし、風の通りをよく計画するという今も残すべき生活の知恵のような設計手法です。
高温多湿な日本の夏を乗り切るための計画がなされ木材を湿気によって傷めないために通気を重要視してきました。

 

重視された通気によって夏は涼しく、湿気によって木材を傷めることはないですが、
寒~い冬は隙間風だらけのとても寒い家が当たり前になっていました。
ですので、囲炉裏などの大火力で家を暖め、土壁などの蓄熱を利用して暖をとり、
今では考えられないことですが、隙間だらけだあるがために逆に囲炉裏なども使えたということです。

 

気密施工

 

なぜ、気密断熱性能が軽視されるのか。

 

日本は気密断熱工法の後進国と言ってもいい状態となっています。
最近でこそ、国の指針として資産価値の高い気密断熱性能の高い家が推奨されてきました。
しかし、実際に家を最前線で建てている建築家、工務店初めとし職人さんも、その意識は低いように感じます。

 

以前、世界で活躍する某有建築家先生の講演会に行ってきたのですが、
「家が寒いのは当たり前で、寒ければ一枚服を多く着ればいいのだ~」
と言われていました。
ある意味潔い発言のように感じますが、
人生の大部分を過ごす家が寒いということは、
家に住む家族の健康を害したり、
毎日家庭で使用するエネルギー量も多くなり家計を圧迫したりと、
百害あって一利なしです!

 

特に気密に関しては、隙間があって当たり前の日本木造建築で
逆に隙間がなければ木材が呼吸できないという考え方を捨てることのできない職人さんは多いというのも弊害となっています。
確かに、高温多湿の日本で実績のある気密工法ではなく、
無暗に気密をとろうとすることは危険なことかもしれません。
ただ、断熱を無暗に施工するのではなく、
しっかりと正しい気密断熱施工を行うことによって日本でも冬寒くない家にすることができるのです。

 

寒くない家にする2つの方法。

 

寒くない家にする方法は大きくわけて2つ

  1. 暖房能力の高い器具(全館空調など)で暖める方法。
  2. 家の気密断熱性能を高めて、少ない熱源でも冷えにくいようにする方法。

があります。
どちらの方法も初期のコストではお金をかけている部分が違うだけで、
大きく変わりませんが、維持メンテナンスやランニングコスト(光熱費)などで考えると2の方法のほうがメリットが大きいのではないでしょうか。

 

家の基本性能の大切さ。

 

体感温度

 

また、エアコンの不自然な暖かさが嫌いな方もおられます。
その大きな理由は室内の温度ムラがあることによって不快感を感じていることが多いのです。
ただ強制的に暖めた寒くない家というだけでなく、
室内での温度ムラによる不自然さを解消し快適性の高い暮らしを実現するためには、
より家の基本性能である気密断熱いったところが大切になってくるのです。

 

カテゴリー: 住宅業界のあれやこれや タグ: , , , , , パーマリンク