オーガニックスタジオ兵庫株式会社

新築戸建て住宅をご検討の方
まずはお気軽にお問い合わせください

EMAIL

お知らせ

高気密高断熱住宅にすると窓が小さくなると聞きましたが、実際のところどうなのでしょうか?

2016年05月10日

窓を小さくする必要はありません。 実際、窓は断熱のみの観点からみると弱点となります。 窓(開口部)に普通の一重ガラスを使うと1㎡当たりの壁から逃げる熱の20倍の熱がそこから逃げてしまいます。複層ガラスにしても10倍です。よって安易に窓を小さくし数値を高め不快な住空間造っているハウスメーカーさんも少なくありません。 しかし、高断熱高気密住宅の本来の目的は「暑さ、寒さのストレスから解放されて、いつも快適に過ごしたい。」という、理想の住まいを実現することです。 断熱・気密 ・暖房・換気の4つのバランスに加えて、「自然にあるもの」である太陽の光、通風などを利用した設計手法(パッシブデザイン)を行なうことにより「快適な住環境」を造ることができると考えます。