オーガニックスタジオ兵庫株式会社

新築戸建て住宅をご検討の方
まずはお気軽にお問い合わせください

EMAIL

Q&A

高気密高断熱Q&A

Q高気密高断熱とは?
A高気密・高断熱住宅の特徴は気密・断熱性能が大変良いことで、外気温が氷点下でも朝の起き抜け時の室内が十数度は保っている様な住宅のことです。 これは何も冬だけ性能が良いのではありません。夏の冷房効果が高いのも同じ理由です。気密化する事で息が詰まりそうで敬遠される方もおられますが、これは誤解です。 高気密住宅では、むしろ計画換気が可能となり、非気密住宅より快適な住空間が生まれます。
Q外断熱or内断熱?
Aグラスウールなどの断熱材を、柱と柱の間に埋め込むように入れるのが『内断熱(充填断熱)』と呼ばれるものです。現在も新築住宅のほとんどがこの「内断熱」を採用していて、断熱工法のスタンダードと言えます。これに対し、壁空洞を残したまま、柱の外側に板状の断熱材を途切れることなく張りつめるのが『外断熱(外張り断熱)』工法です。 どちらの工法も一長一短があります。 外断熱のメリットは構造体の外側で断熱するため、 断熱欠損がおきにくく、また、外壁に中空部分ができるため、 外壁に面した押し入れに布団を入れても、結露の心配は ほとんどありません。デメリットは、内断熱に比べ多少コストがアップすることです。 それに対し内断熱のメリットは、外暖熱と同じ断熱性能でもコストが安くなること。デメリットは、構造体の間に断熱材を充填する特性上、高い施工精度が要求されることです。結露対策として内張り気密シートとして透質系シートの採用を推奨します。
Q高気密高断熱住宅にすると窓が小さくなると聞きましたが、実際のところどうなのでしょうか?
A窓を小さくする必要はありません。 実際、窓は断熱のみの観点からみると弱点となります。 窓(開口部)に普通の一重ガラスを使うと1㎡当たりの壁から逃げる熱の20倍の熱がそこから逃げてしまいます。複層ガラスにしても10倍です。よって安易に窓を小さくし数値を高め不快な住空間造っているハウスメーカーさんも少なくありません。 しかし、高断熱高気密住宅の本来の目的は「暑さ、寒さのストレスから解放されて、いつも快適に過ごしたい。」という、理想の住まいを実現することです。 断熱・気密 ・暖房・換気の4つのバランスに加えて、「自然にあるもの」である太陽の光、通風などを利用した設計手法(パッシブデザイン)を行なうことにより「快適な住環境」を造ることができると考えます。
Q無垢材のフローリングに床暖房はつかえますか?
A床暖房対応の無垢フローリングもございますが、乾燥した無垢材でも一定量の水分(含水率)が含まれています。通常、床面で設置する床暖房では、無垢材の弱点である割れ、収縮、曲り、反り等が発生する可能性が少なからずあります。 オーガニックスタジオ兵庫の採用する「床下暖房」では、直接フローリングを暖めないために、過剰に無垢材が収縮しないので床暖房用に加工していない無垢のフローリングでなくても問題なく使用できます。