オーガニックスタジオ兵庫株式会社

新築戸建て住宅をご検討の方
まずはお気軽にお問い合わせください

EMAIL

6つの特徴

03画期的なエコ冷暖房システム

オガスタ空調システム

住宅におけるエネルギー使用割合最大の特徴としては、各メーカーの全館空調システム、床暖房のような特殊な設備を使うことなく、一般的な床置き型のエアコンを利用した工法になります。
暖房機器の種類は、それこそ多種多様にある。しかし冷房機器となると、実質的にはエアコンと扇風機などを用いることになる。エアコンの特徴は、冷房と暖房機能を兼ねられるので、設備コストが重複しないことにある。

しかも、「暖房」での光熱費の観点で考えると、エアコンは電気製品の中で間違いなくトップクラスですべての暖房器具の中でも上位に属する優れものである。
省エネの観点で見ればペレットストーブや薪ストーブに遠く及ばないが、手軽(無料・安価)に薪を入手できない限り、ランニングコストはエアコンよりも高くついてしまうことも考えられる。

次に「除湿」の観点である。日本では5月から9月にかけて強烈に湿度が高い時期が続く高温多湿な気候である。
猛暑の時期は冷房運転すれば事足りるが、問題は梅雨の時期である。
健康(主にカビ対策)および洗濯などの暮らしの面から、日本の家には除湿機能は欠かせない。
一般に購入できる機器でこれを求めると、専用の除湿機以外には、エアコンしかない。
しかもヒートポンプを使っているので、除湿効率はエアコンのほうが除湿専用機よりも優れている。

特殊な機器に傾倒するのではなく、地域特性にあわせて建物の性能を高め(高気密高断熱化)効率の良いエアコンを冷暖房で利用することで、小さなエネルギーで快適性を得ることができます。

  • ・足元から家全体を暖めることができ、室内空間である床下をダクト空間として利用できる工法。
  • ・通常のエアコンですのでその他暖房システムと比較すると初期費用が圧倒的に安くすみます。
  • ・特殊な機械ではありませんので、故障時に代替が存在しないということがありません。交換時もエアコンの交換となり簡単です。
  • ・無垢フローリングでも施工可能な工法で、高価な床暖房用のフローリングを選定する必要がありません。
  • ・通常、各部屋に取り付けるべきエアコンを、床下エアコンの1台でまかないます。※暖房によるランニングコストが格段に安くすみます。
  • ・エアコンは、冷房と暖房機能を兼ねられるので、設備コストが重複しないのも魅力的。

注意点としては、
確実な高気密高断熱な施工がなされている必要があります。
通常では、LDK用程度の容量のエアコン1台でまかないますので熱を逃がさい処理が不可欠です。
また、日中はエアコンのみに頼るのではなく太陽光を取り入れるパッシブな設計と併用することでより効果を高め、室内の温度差を最少でおさえることができます。
結果、暖かく、省エネに生活することができます。

数多くある暖房設備の中で、特殊な機器ではなく一番スタンダードであるエアコンを利用した床下暖房システムをおすすめします!

冬季の過ごし方

床置き型エアコン エアコンはヒートポンプ技術により、非常に省エネルギーな暖冷房機器です。
「暖房」について考えると、光熱費比較で、エアコンは暖房器具の中でも上位の性能があります。また、冷房と暖房機能を兼ねられるので、設備コストが重複しないのも魅力です。

オーガニックスタジオ兵庫では、床置き型エアコンを半埋込みに設置する方法を標準仕様としています。床置き型エアコンは吹き出し口が機器の上下2カ所にあり、吹き出し方法を切替えることができます。
暖房時には上下両方から温風を排出し、冷房時は上方のみから冷風を排出します。
冬は、深夜電力を最大限活用し、ベタ基礎を蓄熱源として利用します。設定温度を機種上限温度(30℃)にして、夜の間にベタ基礎を温めるように運転します。
深夜電力を8時間最大限利用しても、ランニングコストは安価に済みます。

また、無垢のフローリングも施工可能で、床全体がくまなく温かくなるため、場所によって極端に温度が違うという不快感もなくなり、快適に過ごすことができます。

夏季の過ごし方

夏季は小屋裏エアコン(もしくはそれに準ずるシステム)をメインとして使って過ごすことをおすすめしています。各居室にエアコンを設置するよりはるかに省エネでエアコンの不快な直風を感じることがありません。

夏場は夜ですら窓を開けて生活するよりも閉めて24時間冷房をつけっぱなしにしたほうがカビやダニも生えにくく健康かつ快適に過ごすことができます。
特に太陽光発電がついている場合、外気温が暑ければ暑いほど発電量が多くなり、エアコンとの相殺効果が高くなります。

窓を開けるということは大量の水分を室内に引き込んでしまうということを知っておく必要があります。また閉めた後も室内にたまった大量の水分を除去するのにエアコンはかなり激しく稼働する必要があります。それよりも、微弱でずっと運転している方が省エネかつ快適に過ごすことができます。

エアコンイラスト

【床下暖房システムのメリット】
1、無垢フローリングでも可能
2、省エネで経済的
3、設置コストが安い
4、不快な風が生じず、体感で暖かい
5、インテリア性が高くなる

※1台で全館暖房を保障するものではありません。
間取りや大きさによって補助暖房が必要になります。

床下暖房システム