マンションリノベーションする時に考えておかなければいけないこと。

 

工事報告|H28年秋、順調に進行中

 

最近秋らしい気候になってきましたね。
今現在進行中の現場なんですが、新築現場のお引渡しもひと段落し、新たな新築工事現場着手しだし少しバタバタとしてきました。
それと並行して、現在RC造建築物のリノベーション工事が3件が一挙に進行中です。

 

木のマンションリフォーム

H25施工 木のマンションリノベーション

 

2件はマンションリノベーション工事、
1件は40坪からなる英会話教室の改修を実施しています。
RC造は、鉄筋コンクリートでできた無機質な箱ではありますが、長寿命ですぐれた耐久性をもっています。
しかし、内装、設備に関しては使用に応じて傷み、メンテナンスや取替えが必要になってきます。

 

その場合、表面だけ綺麗にする改修が一般的なんですが、
根本的に住環境を完全したいとった場合には、
結露やカビ対策として断熱や気密改修を行ったり、
無機質なコンクリートの空間でありながら、素材感の良い自然素材をつかったり、
生活スタイルにあわせて大幅に間取りを変更したりなどなど、
いろいろなリノベーション工事を行うこともできるのです。

 

今回は、2件とも全面改修で進行中で完成が楽しみです。
マンションリノベーションは、限りある資源の有効利用ということからも、意義の大きなことですし、
コンクリートで無機質なものというイメージでマンションに住むということを嫌っている人にも驚きをあたえられるような改修工事になるように進めていきたいと思います。

 

また、マンションリノベーションをさせていただく時、近隣さんにご挨拶に伺うのですが、マンション改修というのは先ほど話したように表面の張物、機器の入れ替えで行うことがほとんどで、工期は長くても1ヵ月ということが多く、我々が行うように大規模リノベーションで3カ月程度の工期で話させていただくと非常に驚かれます。
そんな近隣さんにも驚いてもらえるような改修になるように全力を尽くしたいと思います!

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。


エコ住宅 ブログランキングへ ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

カテゴリー: オガスタの現場実況報告, リフォーム・リノベーション タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です