住宅ローン|「つなぎ融資」と「分割実行」の違い。

 

注文住宅を建築する際は、完成まで時間がかかるために建売や中古住宅のように引渡時一括払いではなく、いろいろなタイミングでの支払いが必要になってきます。

 

住宅ローンというのはその性質上建物が完成し引き渡された時に実行されるものであるため、注文住宅で支払いの必要となってくる土地の決済時、新築工事の契約時、工事の中間時などの完成時以外の支払いついては、住宅ローンが実行されるまでの間の「つなぎ融資」が必要となってきます。
「つなぎ融資」とは、住宅ローンが本実行されるまでの間に支払いが必要となる場合に担保なしに融資実行までのつなぎで融資を受けられるという制度です。
住宅ローンをは別に「つなぎ融資」の利息や手数料が必要となります。

 

写真3

 

また、「分割実行」という方法もあります。
これは、住宅ローンを支払いに応じて分割で実行を開始するという方法です。
工事期間中に住宅ローンが始まってしまう方法で工事中の家賃などと重複してしまいますが「つなぎ融資」の手数料や利息を考えなくても良い方法です。

 

しかし、「分割実行」の場合、分割実行に応じての担保を求められますので自己資金が十分にある場合でないと難しいでしょう。
金融機関によっては、「つなぎ融資」や「分割実行」が出来ない場合もあります住宅ローンと共に事前に良く確認しておきましょう。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。


エコ住宅 ブログランキングへ ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

カテゴリー: 家づくり計画|住宅ローン・火災保険など タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です