マンションに住まう注意点「修繕積立金」の罠

 

今現在、私はマンション暮らしなのですが、先日マンションの理事会が行われ修繕積立金の大幅な値上げが決定してしまいました。
修繕積立金とは、将来発生する共用部分の修繕工事のための積立金のことを言います。
十数年に一度の割合で行う大規模修繕工事では、大体1戸当たり100万円くらいの負担になるケースが多いと聞きます。
これを個人で一気に支払うとなると支払いが難しい場合があり、管理会社のほうで長期計画をたてそれに応じた金額を管理費などと一緒に月々積み立てておいてくれるというものです。

 

坪単価

 

私の場合は、つい最近築12年ぐらいで実施された大規模修繕工事により将来的な維持保全のための積立金不足を解消するためといくこうとですが、倍近い値上げが実施されました。
「最初から値上げありきで設定していたのか?」「的外れな大規模修繕の計画をしているのか?」「管理会社の収益物件として儲けようとしているのか?」
謎おおきところですが、倍ということはなくても修繕ごとに多くのマンションでは修繕積立金の見直しが実施されます。

 

この部分については、自分ひとりの勝手ではどうすることも出来ずそのマンションに住む以上発生してくる固定費で義務ということになります。
ですので、マンションに住む以上、「修繕積立金」などは常に値上げの可能性のあるものということを理解し当初より余裕をもった資金計画をたてることをお勧めします。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。


エコ住宅 ブログランキングへ ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

カテゴリー: 住宅業界のあれやこれや タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です