スキップフロアーで収納を増やす。

 

新築のお打合せをしていると「収納は多ければ多いほど良いけど、居室の広さを圧迫するのは困る。」といったことがよくあります。
確かに、収納量は十分に必要ですが、物を置くために自分たちの生活空間を犠牲にするのは本末転倒となってしまいます。

 

スキップフロアー

 

スキップフロアーを利用した収納!

 

バリアフリーの考え方とは、逆になってしまいますが、空間の有効利用としては非常に良い方法です。
平面図では、表現のできない面白く豊かな空間を演出することもできます。

 

スキップフロアーとは、フロアーの高さを半階分ずらして中2階のような空間をつくることです。
1階からは半階上がり、2階からは半階下がりといった感じに空間をつなげるように配置します。
実際の空間以上に広く感じることができ、余剰空間を利用した収納などを設けたりなど色々な可能性のある建築手法です。

 

デメリットとしては、一般的な家と比較すると、構造が複雑になりがちですので、建築コストはアップします。
また、室内空間に高低差をつけますのでバリアフリーなどといった考え方とは真逆の工法であることも理解する必要があります。

 

しかし、空間を有効利用したい場合や、空間を広く感じたい場合などには、非常に効果的な手段で、我々の腕の見せ所でもあります!

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。


エコ住宅 ブログランキングへ ←ランキングに参加中です。ご協力お願いします。

カテゴリー: 快適に生活するための工夫 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です